異分野融合アプローチによる
生命医科学フロンティアの開拓

生命医科学の未来を担う
若手研究者の育成

臨床現場から得られた
新たな課題を基礎研究に落とし込む
リバーストランスレーショナルリサーチの推進

●その他

2021.4.15

大阪大学URA部門のメルマガ(2021年3月号)に「JST創発的研究支援事業の研究提案から採択後までの支援の取り組み」で、本学の支援や採択者のコメントなどが掲載されました。
https://www.ura.osaka-u.ac.jp/uramagazine/vol_072.html

●イベント

2021.2.10

2020年度「生命医科学融合フロンティア研究部門 研究発表会」が開催されます。2021.3.19

●その他

2021.2.10

大阪大学先導的学際研究機構 生命医科学融合フロンティア研究部門(iFremed)のウェブサイトをオープンしました。

●その他

2021.1.29

大阪大学URA部門のMail Magazine(2021年1月号)に「生命医科学融合フロンティア研究拠点における若手研究者育成」の記事が掲載されました。
https://www.ura.osaka-u.ac.jp/uramagazine/vol_071.html

外部資金

2021.5.27

2021年度(令和3年度)「革新的がん医療実用化研究事業」に係る公募(3次公募)

詳細

締切:2021.6月下旬

外部資金

2021.4.14

2021年度 JST CREST・さきがけ・ACT-Xの公募

詳細

締切:2021.6.8

研究支援

2021.2.10

「Nature masterclasses オンラインコース Scientific Writing and Publishing」の受講ができます

研究支援

2021.2.10

2020年度論文作成・発信支援のおしらせ

Greeting

ご挨拶

研究部門長からのご挨拶

超高齢化社会先進国である日本において、豊かで持続可能な社会を実現するために「健康寿命の延伸」への取り組みが期待されています。人々が心から人生を楽しみ、豊かな社会生活を過ごすためには主要疾患の予防と克服が課題となります。
主要疾患の中でもがん、免疫疾患、代謝疾患、感覚器疾患、神経疾患は生活の質(QoL: Quality of Life)を大きく低下させるため、それらの原因解明やより安全で効果的な治療法の開発が強く求められています。

生命医科学融合フロンティア研究部門では、生命科学、工学、情報学、臨床医学など専門分野の異なる研究者が共通の課題に取り組み、多角的な側面から疾患を克服することを目的としています。そのためには最先端テクノロジーの開発に加え、基礎研究と実臨床から得られる結果や課題を共有し、そこから生み出される新たな課題の解明が必要です。
私たちは異分野融合的アプローチと、実臨床や社会からのフィードバックにより展開される新たな課題探索を通じて、健康長寿社会の実現に向けて貢献します。

部門長

西田 幸二

About us
部門について

Overview
概要

Research
研究

Member
メンバー

お問い合わせ:office@ifremed.otri.osaka-u.ac.jp

Copyright © OSAKA UNIVERSITY. All Rights Reserved.

Copyright © OSAKA UNIVERSITY. All Rights Reserved.